読めば必ず糧になるを目標に頑張っていきたいと思います 理学・工学・情報学・IT・サイバー・通信・放送・ジャパンカルチャー・コミュニケーション・現代社会などなど

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
なんとRoot化しなくてもXperiaのホームを利用できます
その方法は以下から
スポンサーサイト
     XperiaのHomeをXperia以外で使う(非Root)の続きを読む

スポンサードリンク
Xperia以外にPOBox touchをインストールする方法を紹介します

POBoxも結局入力データを搾取されるみたいですが
Googleに搾取されるのがいいかバイドゥに搾取されるのがいいのかSonyに搾取されるのがいいのか
あなたのお好みでお選びください
     Xperia以外にPOBox touchをインストールするの続きを読む

スポンサードリンク
ISW12HTのHBOOTにはバージョン1.50と1.63があります
これはROM焼き時に非常に大切で1.50用のROMと1.63用のROMがあります

ROM焼きをするためには、HBOOTにあったROMを持って来たり、パーティションを書き換えて自分でHBOOTにあわせることもできますが、一番楽なのはISW11HTのHBOOTを書き換えてしまうことだと思います

書き換えの方法として、忍者ブログ様で公開されている忍者TOOLの利用があります
http://blog.goo.ne.jp/supersonicninja/e/762d44072ee9e73882d95f920ceeed22

利用時にはデバックモードのときのUSBドライバーがないと接続できませんので注意してください
ちなみにHBOOTのUSBドライバーも必要です
両方とも調べましたが対応ドライバーを落としてくることは難しそうでしたのでGoogle_USB_driverに設定にハードウェアIDを追加するという形で対応させました
ケータイ・スマートフォン・モバイル様で紹介されている方法を参考にさせていただきました
http://b00111.blogspot.jp/2013/04/adb.html
ここではUSB大容量記憶デバイスと認識されてしまうとされていますが、私の場合はデバイスマネージャーで確認したところISW12HTと表示されました
先ほどのサイト様を参考に[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]に
;
;ISW12HT
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D002&REV_0228
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D002
と追記し、手動でドライバ更新をかけたところうまく認識してくれました

ちなみに私の場合HBOOTのときもUSBを認識してくれず、デバイスマネージャで確認すると
Android1.0と表示されていました
これも先ほどの手順といっしょでハードウェアIDを追記する必要があります
[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]に
;
;HBOOT
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0FF0&REV_0100
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0FF0
と追記したところドライバ更新できました

要するに
;
;ISW12HT
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D002&REV_0228
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D002
;
;HBOOT
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0FF0&REV_0100
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0FF0
と追記する必要があります

HBOOTのバージョンによってハードウェアIDが違ったりするのかはわかりませんが、紹介したサイト様を参考にGoogleUSBdriverに手を加えればOKだと思います

これであとは忍者TOOLにおまかせするだけで書き換えができます

スポンサードリンク
とりあえずOpenFlowの情報を集めるためにGoogle先生に問い合わせた結果をゴソッとここにおいておく事にしました
     OpenFlowを勉強するの続きを読む

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。