最近のスマフォ業界に思うこと

ここでは、「最近のスマフォ業界に思うこと」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
最近思っていることをつづりたいと思います
Googleがモトローラを買収したわけだが1年後ぐらいまでは予定通りにアンドロイドはリリースされていくだろうそのあとはどういう経営戦略をとるのか見ものではある
できればこれまで通りでいてほしいのだが・・・


スマフォ業界ではアップルやマイクロソフトが筆頭となってアンチGoogleのチームを組んでいる
しかも勝てないからといって法廷や買収勝負に引きずり込むという始末

しかし、業界を制すことではなくユーザーによりよい製品を届けるのが工業製品を作る企業の義務ではないだろうか
強引に法廷に引きずり込んで競争力を削ぐなんていうことをしている限りトップ企業とはなりえないだろう
なったとしても認められないし、情報弱者を取り込んだに過ぎないだろう

まあ結局は圧倒的な技術力がないからこういうことになるわけだが

たとえ真似されても「そんな技術はもう古い」と一蹴してしまうぐらいが理想であることに変わりはない
そしてそれをやってのけてほしいものだ

これからは企業がお互いの技術を利用できるようにするクロスライセンスが開発力のカギを握るかもしれない まあ、あくまでもカンだが・・・
それによってユーザーはより良い製品を手にすることができる
クロスライセンスを結ぶために法廷に持ち込むのであるのであればまだ許せるのだが

まとめると、いままでどおりのアンチGoole戦略をとっている限り、アップルもマイクロソフトも先は無い
このままいくと腐ったリンゴと割れた窓になるのは目に見えている

もう一度言うが工業の本分はより良い製品をユーザーに提供すること 競争力を削ぐことじゃない

ホンダを「世界のホンダ」に一代で育てたホンダの創始者、本田宗一郎はこういう
「技術はひとのために」

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/132-c365cbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。