ポート解放

ここでは、「ポート解放」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

ポート解放の備忘録です
大したことは書かないですけど参考にはなるかと
1.目的のソフトウエアをダウンロード&解凍

2.ルーターにアクセスしてポート解放(ポート転送)設定を行う
どのポートでもいい場合は49152~65535のどれかを指定する
使うポートを決められている場合はそのポートを指定

参考URL1 下の方の各種ルーターの設定が役に立つ
参考URL NEC
参考URL コレガ
参考URL IOデータ

3.ローカルIPアドレスの固定(プライベートIP)
ウインドウズVista,7の方は参考URLはIPアドレス固定までの部分を参考にしてください ポート解放の部分は必要ありません
参考URL3
ポート解放の部分はXPの方には参考になるのかも?
この項には関係ないけどルーターの設定の方は役に立つ

4.
使用するソフトウエアを許可する 参考URL4 チェックボックスは各自目的に合わせて
or
先ほど指定したポートを個別に開く 参考URL5

上の二つのことが書いてある参考URL6

ここで解放は終了

ただしセキュリティーソフトを使っている場合は、セキュリティーソフトからも許可が必要です
それぞれのセキュリティーソフトの取り扱い説明書に従ってください
ちなみにセキュティーソフトは有料ならESET、無料ならAVASTがオススメです


5.ソフトウエアを起動してポートを指定
決められているばあいは指定する必要は無いと思われる

これで完了
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/154-2abaac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック