相談に乗るということ

ここでは、「相談に乗るということ」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
私は議論だったり相談に乗っている時、すぐそもそも論に持って行ってしまうんです そして結局嫌われる


そもそも論とかあーしたら?こーしたら?とか言ってるうちに わかってくれない って言われますwww
どうやら同情というプロセスが無いらしいのです

同情はしてるんですよ?してるんですけど言葉に出さないもんだからこうなる

相談相手になるとき、相談は相談でも「一緒に解決法を探す相談」と「相手の思いを聞きだして気持ちを理解する相談」があるんだなって、そう思うようになりました

両方必要な時は苛立ちや不安など気持ちを十分理解し同情してから解決方法を探さないといけません
相手はスッキリしないまま先に進むことを望んでないことが多い

同情もその事柄の背景をしらないと難しいこともあると思います
常識力や見聞の広さも重要ですね

後は、励ます言葉のレパートリーが少ないととなかなか厳しい
その場でポンポンと最適なアドバイスが出てくるわけではないので、とりあえず前を向いてもらうための励ましの言葉というのが欲しい
励ます言葉のボキャブラリーは多い方がいいんじゃないですかね

でも一番大事なのは相手を想う気持ちです
うまくわかってあげれなくても、いいアドバイスができなくても、その気持ちだけは伝わります
たとえそのとき伝わらなくてもいつかは伝わりますのでめげないでください

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/208-60f06741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。