Sound Blaster X-Fi Go! proの遅延をなくす方法

ここでは、「Sound Blaster X-Fi Go! proの遅延をなくす方法」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
Sound Blaster X-Fi Go! proは非常に便利なUSB接続型のサウンドボード(?)なのですが
いかんせん遅延がよく発生するのが問題でした
この製品はニコ生等で放送、配信している人がとても多いので困っている人も多いはず

今回はその解消法を書きたいと思います
まずはニコ生向け
みなさんニコ生をするときはNLEを使用してらっしゃると思います
実はNLEにもスピーカーキャプチャというステミキ機能があります(つまり音楽を流せる)
しかし、このスピーカキャプチャ機能は若干処理が遅いのかバッファを長めにとっているのか、遅延します
わかりやすく言うと、マイク入力に対して音楽が遅延します(つまり音楽が遅く聞こえる)

ここでX-Fi Goの遅延を思い出してください
Sound Blaster X-Fi Go!では、音楽に対して声が遅延します(つまり声が遅く聞こえる)

そうです、両方遅延しているほうのみを流せば、遅延は大幅に解消される可能性があります
声が遅延するのなら、音楽も遅延させてしまえばいいのです

具体的には、
NLEではスピーカキャプチャ機能をON
Sound Blaster X-Fi Go!では、ステミキ機能をOFF
エコー等のエフェクトはON
にすることで通常使用より遅延を感じなくできると思われます
うまく調整できない場合はエフェクトをOFFにするなど工夫してみてください

ただしNLEでこの機能を使えるのはWindowsVista以降です
(現時点ではWindowsVista Windows7 Windows8 Windows8.1)



次にニコ生以外を利用している場合
原理は一緒です
声が遅延するのなら、音楽も遅延させてしまえばいいのです
まずは仮想ステミキをいれます
http://3pypromo.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
少し導入する際に設定項目がおおく厄介ですががんばってください
アローケータサイズを変更し、数字をおおきくして遅延するようにします
そして、仮想ステミキには音楽 X-FiGOには声のみをいれるようにすればOKです
が、さらにこの二つを混ぜないといけません
お使いの配信ソフトに二つ以上のマイクデバイスを入力できる場合はいいのですが、一つしか入力できない場合は、VAMを使ってこの二つを混ぜてから配信ソフトに渡すことになります

スポンサードリンク

関連タグ : 仮想ステレオミキサー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/274-90465b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。