護石システム 解析情報

ここでは、「護石システム 解析情報」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

3rdの護石システムが解析されましたので、簡単に紹介しておこうと思います
1出現する護石のスキルやスロットの組み合わせはすでに決まっている
2自分のいるテーブルで出現し得る護石が決まる
3光るお守りと古びたお守りの所持数で出現確率が決まる

テーブルはゲームの起動毎に決まるようなので、目的のお守りが出るテーブルになるまでHomeボタンでゲームを終了して起動しなおす必要があります

と、簡単に説明してみましたが実際はもう少しややこしい事情があって、その結果上記のようになるわけですが今回は省略します


詳しい説明に関しては追記のほうに記述しました
準備するもの:解析スレ521氏のエクセル

■テーブルについて
 乱数は一度使われると再計算されて新しい乱数に変わる。n しかしMHP3で使われている乱数は何千回目かの再計算で最初の乱数と同じ数字に戻ってしまう。
この乱数のループによって擬似的なテーブルができあがる。
何回目でループするかは最初の乱数(初期シード)によって異なり、 1,2,3,4,5,6,9,12,13,15,18,26だと5400回でループし、163,401,489,802,1203だと54or200回でループする。
つまり乱数5400個のテーブルが12個、54or200個のテーブルが5個の、n 全部で17のテーブル(乱数のループ)が存在している。
初期シード(テーブル)はゲームを起動し直すと変わり、それ以外では変わることはない。
つまりテーブルに無いお守りは、一度ゲームを終了させてテーブルを変えない限りはいくら掘っても出ない。

■乱数の消費について
お守りを1つ鑑定する度に乱数を消費(再計算)するが、この時必ず4つか7つの乱数を消費する。
鑑定されたお守りが、スキル2ありのお守りなら7つ消費し、スキル2なしだと4つ消費する。
これは古おまだけでなく光おまでも、なぞおまでも共通。
ただし、同じ乱数でも、古おまと光おまと謎おまでは出てくるお守りが違うことに注意。
つまり、その乱数が古おまに使われると7つ進むが、光おまに使われると4つ進むということもある。
例えば表の9行目、乱数35245で鑑定する時、古おまならスキル2ありなので7つ消費するが、光おまだとスキル2なしなので4つ消費することになる。
つまり、鑑定開始時の乱数が35245(エクセル9行目)だった場合、鑑定1枠目が古おまなら、2枠目は7つ下の乱数51573のお守りになり、鑑定1枠目が光おまなら、2枠目は4つ下の乱数8830のお守りになるということ。(たまに乱数を7つ消費する特殊なスキル2なしのお守りが存在する。)
(エクセルで抜刀会心1/抜刀会心-3/s0というようなバグった表示になっているのが、この特殊お守り。)
(実際のゲームだと、このお守りは、抜刀会心1/-----0/s0というスキル2無しのお守りとして出てくる。)
(7消費の特殊お守りと分かるように敢えてバグらせたままになっている。)

■遡り判定について ~その1 
上記の通り、鑑定が始まると乱数はかならず4つか7つずつ進む。
これにより、乱数を生成順に遡ることで、目当てのお守り(乱数)が他のお守り(乱数)から続けて出現することがあるかどうか、あるとすればどの程度出現しやすいかを調べることが出来る。
例えば、目当ての乱数(お守り)の4つ前の乱数が7消費型で、7つ前の乱数が4消費型だったとする。
すると、この目当ての乱数には他の乱数(お守り)からはどうあがいても進んで来れないことになる。
つまり、このお守りは鑑定2枠目以降では絶対に出現せず、1枠目でいきなり引き当てる必要がある。
逆に、目当ての乱数(お守り)の4つ前の乱数が4消費型で、7つ前の乱数が7消費型だったとする。
すると、この目当ての乱数には2つの乱数から進んでこれることになる。
つまり、鑑定2枠目でこのお守りが出る確率は通常の2倍(2/5400の確率)となる。
さらに、もしその2つの乱数がそれぞれ更に4つ前、7つ前にも遡れたとすると、4つの乱数から目当ての乱数に進んでこられることになり、3枠目で出る可能性は通常の4倍に跳ね上がる。
このように、目当てのお守り(乱数)を生成順に遡ることで、どの程度出やすいかが判定できる。
なお、521氏のエクセルは乱数が全て生成順に並んでいるので、調べる時は単純に4行上、7行上を見ればいい。
ただし、乱数はループしている(テーブルになっている)ので、テーブルをまたいでは駄目。
例えば、5402行目の乱数順5401の4つ上は、5397ではなく、10798行目の乱数順10797になる。
詳しくは「テーブルについて」を参照。

■遡り判定について ~その2
その1では古おまのみを鑑定する場合を説明したが、実際には光おまも古おまの出現率に影響してくる。
例えば、その1の最初の例の鑑定2枠目以降では絶対に出現しない古おまも、 光おまを経由することで出現しやすくなる可能性がある。
上の方で赤字で書いたとおり、同じ乱数でも古おまと光おまで消費数が異なっていれば、古おまリストの方で遡れなかった乱数も、光おまリストの方では遡れる場合があるからだ。
仮にこの古おま(乱数)が、光おまリストでは4つ前も7つ前も2回遡れたとする。
すると古おまの前に光おまを2つ鑑定すると、2つの乱数から目当ての乱数に進んでこれることになる。
つまり、古おま1個だけ鑑定した場合(1/5400の確率)よりも2倍(2/5400の確率)出やすくなるのである。
そして先ほどの例と同様に、さらに上に遡れれば確率は更に上がる。
逆に、光おまリストの方でも4つ前にも7つ前にも遡れなかったとすると、古おまの前に光おまを1つでも鑑定してしまうと、絶対に目当ての乱数が出現しなくなってしまう。
このように、遡りの回数が多く、そして枝分かれが多いほどそのお守りは出やすくなり、
少なければそれだけ出にくくなるのである。

■遡り判定について ~その3
先ほどの例は、古おまリストで一度も遡れないお守りについてだったが、古おまリストで遡ることができるお守りの場合には、元の乱数だけでなく、古おまリストで遡ってたどり着いた乱数についても光おまリストで遡るという作業が必要になる。
例えば、古おまリストで3回遡れる乱数の場合、古おまリストで2回遡った時の乱数が、光おまリストで一度も遡れなかったとすると、光おまを1つでも鑑定すると、古おま3枠目には目当ての乱数が絶対に来なくなってしまう。
しかし、元の乱数や、1回、3回遡った時の乱数が光おまリストでかなりの回数遡れるならば、光おまがあった方が、古おま1枠目、2枠目、4枠目に目当ての乱数が来る確率は高くなる。
古おまの方で遡れるお守りについては、このように調べなければならないことが非常に多くなる。
この作業については、解析スレ512氏のように樹形図を描くとやりやすいかもしれない。
http://up3.viploader.net/pic/src/viploader1207924.jpg
簡単にまとめると、古おまリストでn回遡れた → 古びたお守りn+1個までは持っていた方がいい。それ以上は持っていても無駄。
古おまリストでn回遡った後、光おまリストに移って更にm回遡れた → 古びたお守りn+1個掘った場合は光るお守りm個まで持っていてもいい。それ以上は捨てるべし
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/37-1d4d24fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック