東日本巨大地震に何を感じたか

ここでは、「東日本巨大地震に何を感じたか」 に関する記事を紹介しています。

-->
疑問質問はTwitter(@hi_tec01)でも受け付けています https://twitter.com/hi_tec01
雑談等もしますし、どなたでもフォローしていただいて構いません。楽しく会話しましょう!
先月の閲覧TOP3は以下の記事となっております
1位:無料でステレオミキサーを入れよう!!(仮想ステレオミキサー)
2位:OBSでニコ生「高画質」「低負荷」放送する方法 Open Broadcaster Software
3位:OBSで高画質配信!生放送!導入と設定方法 Open Broadcaster Software

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
朝から晩まで地震・津波などからくる災害情報が報道されるのだから、皆さんもちょっとは見てるだろうし感じたこと・思ったことがあるとおもいます

あなたは何を感じ、そして何をおもいましたか?

災害に対する自分の軽率な考えを恥じ、テレビを呆然と眺めることしかできない自分の弱さを痛感し、そのことに関して時には憤りをも憶えていることはいまでもかわりません

そんなわたしはなんとなくだけども、これからなにが必要なのか感じることができました

どんな災害にも揺るがない安定したモバイル通信システム
付加の少ない通信ネットワークの開発及びさらなるネットワークシステムの強化
自然エネルギーを利用した充電機器の常設(特に通信機能をもったものに対応したもの)
免震・耐震だけではなく津波にも強い建造物
重要な場所へのピンポイントなエネルギー送伝送システム
東日本・西日本の発電周波数の統一もしくは周波数変換能力の強化
災害に負けない単純構造の発電システム
効率の良い蓄電システム
原子力発電に対する不安感
災害に強い交通インフラ整備
地震・津波の正確な予測、及び迅速且つ全ての人にいきわたる通告
地震発生後の二次災害(火災など)を起こさないための知識・意識

などなどなど・・・・

余震が1年は続くだろうといわれる中、気が早いかもしれないけども我々はこれから起こるであろう東海地震や南海地震にも目を向けていかいといけないと思います

わたしたちはこの東北巨大震災から私たちに足りなかったものを学びつつ被災者支援活動や復興支援活動をしていかないといけません

そしてそれが将来起こるであろう大震災の被災者減少にむけた大きな一歩となることをわすれてはいけません

この経験を貴重な糧とし、豊かな生へと繋げていきましょう

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3pypromo.blog.fc2.com/tb.php/70-fb1d5f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。